manamignonne taiwan cafe

朱色お茶セット
店
茶器

台湾の奇跡と言われる芳醇な香りと味に 
横浜・駒岡の地で出会ってください。
極上の一杯のお茶の癒しが待っています。

オーナー写真

台湾茶カフェ マナミニョンヌ店主
高橋 司子(たかはし もとこ)

幼少期からお茶の世界が身近な環境に育つ。
東阿部流煎茶教授。
台湾茶、日本茶の他に紅茶にも精髄している。
「一杯のお茶の癒しや幸せを周りの方に一瞬でも
味わって欲しい」という思いから
平成28年10月に台湾茶専門カフェオープン。

  
  

3周年によせて

 

  

10月3日に台湾茶カフェが3周年を迎える。
あっという間の3年間だった。
1964年生まれの私は、来年2度目の東京オリンピックになる。
人生100年時代の折り返し地点を過ぎた今日この頃思うことは、「何事も程々にがいいなぁ」である。
しかし若者には、泥のように疲れて玄関で眠ってしまったり、ちょっとした悪ふざけをしてみたり、想像も付かないような突拍子もないことをしてみたり、素晴らしく輝くような経験を沢山した後に、程々になってほしいなと思う。
最近の若者は(ついにこの言葉を使う年齢になってしまった)、賢すぎるように思う。 周りからはみ出ないように、争いを起さないように、適度な距離感を取り、傷つけない遠回しな言動などなど。息子を含めて早くから老長けている気がする。(ちょっと羨ましくもある。)私が若い時にはもっとぎりぎりの所で生きてみたいとか、無国籍人間になりたいとか思ったものだ。誰かが教えてくれた印象的な言葉、「人生谷あり谷あり」そうだよね~なんて。これが時代の流れなのかな。
アナログの私にはスマホでさえついていけないのに・・・

今秋から2階をブックカフェにしようと、少しずつ本を運んでいる。人生後半、大好きなよしもとばななさんの本に書いてあるように生きることが出来たら、とても幸せだなと思う。
ひと時の癒しの時間になるように、今日も美味しいお茶を淹れよう。
「人生はきつくたいへんだし様々な苦痛に満ちているけど、だれがなんと言おうと、まるで花のベッドに寝転んでいるような生き方をするんだよ。」
「花のベッドでひるねして」より抜粋

令和元年9月

 
マリアージュセット

~お茶とお菓子のマリアージュ~

台湾茶カフェ マナミニョンヌのメニューは オーナーの想いがたくさん詰まっています。 素材にこだわったシフォンケーキや米粉パン と選りすぐりのお茶のセットメニュー(¥500〜) や、その時にしか出会えないお菓子とお茶のセットなど 茶葉が大好きな人にはワクワクするセットメニューを 揃えております!

店内お茶セット

台湾茶カフェ マナミニョンヌのお茶

茉莉香片茶や奇跡のお茶と言われる岩茶も揃えております。茶葉の販売もしておりますのでご自宅でも極上台湾茶が楽しめます。

 
  

taiwanteq yuukaのコト

台湾茶カフェ マナミニョンヌ

〒230-0071
横浜市鶴見区駒岡1−21−4
TEL/FAX 045-584-0353
営業日/不定休
営業時間/11:00~17:00

map

○二つ池バス停 下車徒歩2分
東急東横線 綱島駅から
<鶴03> 鶴見駅西口行き
○池の下バス停 下車徒歩0分
JR 鶴見駅西口から
<鶴02> 新横浜駅前行き
JR 新横浜から
<鶴02> 鶴見駅西口行き
JR 新川崎駅から
<鶴04> 鶴見駅西口行き


○駐車スペース有り